2017年8月アーカイブ

内職って時給換算でいくらくらい?

内職は外に働きに出ることが難しい産後の主婦などが、
少しでも稼ぎになればという理由で始める自宅で出来る軽作業のことです。
本当に単純な作業なので育児、家事の合間に行うわけですが
時給換算すると最低賃金にも満たない額でしかないのが現実です。

1時間で300円、400円ほどの稼ぎになればいい方でしょう。
内職が一般的なアルバイトや仕事に比べて割に合わないのは昔からですが、
インターネットなどを活用して自宅で出来る仕事を探している人もいます。
そういった人の場合は、月の収入が何万円~10万円以上というケースもあります。

ただその場合でも最低時給を上回るような時給が出せるかというと、
中々難しいのが現実と言えるでしょう。
多くの場合、内職は時間でいくらではなく完全出来高制になるため、
どうしても時給換算すると金額が少なくなってしまうのです。

しかし内職にはメリットもあります。
それは時間に縛られないということです、自分の好きな時間に作業することができ
いつ終了するかも自分で決めることができるからです。
今日は少し時間が取れそうだから頑張ろうとか、疲れてるし早く寝たいから
ほどほどにしておこうという調整を自分ですることができます。

ノルマがある場合は、納期が近くなれば長時間の作業になることもあるでしょうが、
基本的に外に出て人との関係を築く必要がないと言う点も内職のメリットです。
時給換算すると内職なんてやってられないと思う人が多いのは当然のことです。