2017年2月アーカイブ

アルバイトの中でもコンビニバイトは定番中の定番であり、アルバイトとしては
初心者からベテランまで幅広く応募することができるザバイト!と言っても過言ではありません。
そんなコンビニ定員ですが、よくよく考えてみると物凄いアルバイターであることが分かります。

コンビニ店員の作業というのは、以下のようなものがあります。
品出し、接客、搬入業者への対応、廃棄品のチェック、掃除、片づけ、
客層の把握、品不足のチェック、宅配便の処理などなど
上げだすときりがないぐらい作業は沢山あります。

作業には1つ1つ手順があり、ミスをすると大変な事になるものもあります。
お客さん相手の仕事であることからも、愛想よくしなければなりませんし
万引きを見つけたら警察へ通報するなどの対応も必要になります。

つまりコンビニ店員というのは簡単に仕事をこなしているように見えて、
実は何でもできるスーパーアルバイターなのです。
時間帯は早朝、昼間、夕方から夜、深夜等に分けられますが、どの時間帯でも
お客さんが来ない時間帯は殆どありません。
時間帯に応じた客層があるので、深夜だから暇ということはないのです。

マニュアルがあるものもありますが、殆どの作業はマニュアルがなく
口頭での説明をその場で覚えてあとはやってみるという、まさにぶっつけ本番のOJTです。
そして覚えが悪いと愚痴られますし、時給も上がりません。
ですから、長期間に渡ってコンビニ店員をしている人は、まさにスーパーアルバイターであり
他のバイトをやってもそつなくこなすことができると言えるでしょう。