2016年6月アーカイブ

アルバイト初日で辞めるヤツってどうなの?

アルバイトは気軽に始めることが出来る仕事なので、主に学生が小遣い稼ぎで
始めることの多い仕事です。
平均年齢が低いこともあり、仕事を始めてすぐに辞めていくケースもあります。
酷い場合は、初日だけ働いてそのまま辞めるってこともあります。

原因は何のためにアルバイトするのかが明確でない場合に、短期で辞める
ケースが出ているようです。
何となく小遣いが欲しいから応募してみたけど、楽しくないし、疲れるし
ってことで次の日から来なくなるパターンです。
多くは連絡すらせずに無断で休むので、従業員に欠員が出てしまうなど
ものすごく迷惑な行為です。

アルバイトだから気軽に働けるというのはあながち間違った考え方ではないですが、
無断で休んだり短期で辞めてしまうのは無責任としか言えません。
面接段階でそのような人を排除できればいいのですが、なかなか難しいですね。
目を見て覇気があるか、目的がしっかりしているか、などを見ぬくことが出来れば
採用段階で排除できますが、大体の人は面接時には「やります」「頑張ります」
と言いますし、目的なども適当な言葉を並べてくるものです。

遊びの延長という感じで軽く考えているからこそ、初日で辞めたり1週間で
辞めたりといったことが出来るわけです。
まさに親の顔が見てみたいとはこのことではないでしょうか。
雇用している側からすると、短期で辞めてしまう人には給料も払いたくないのが
本音だと思いますが、そういうヤツに限って厚顔無恥でお金を受け取りに
来たりするんですよね。