2015年11月アーカイブ

アルバイトのメリットは比較的好きな時に辞めやすいことです。
手軽に始められる分、辞めるのも気楽です。
辞めたい理由はいろいろあると思いますが、稼ぎが少ないとか
割に合わないというのが一番の理由だと思います。
アルバイトを辞めたいと思ったら、それほど悩まずに辞めてしまって
良いのではと思います。

次のバイトを見つけてからのほうが良いのはその通りですが、
次を見つけていなくても辞めたい時に辞めればいいでしょう。
仕事の継続性を気にするのであれば、次を見つけてからにすればいいです。
ただし、その場合はバッティングしないようにだけ注意しましょう。
アルバイトの掛け持ちは基本的に問題になることはありませんが、
仕事の日時が被ってしまうこともあり得ますので注意です。
加えて、辞めるのをいつ宣言するかですがアルバイト先によっては、
2週間前とか取り決めをしていることがあります。
契約書などを取り交わしている場合は、どこまで効力があるかわかりませんが
そのあたりも注意が必要です。

基本的にアルバイトに限らず仕事というのは労働者に辞める権利が保障されています。
ですから、自分のペースで少し休憩したいというのであれば、
次を決めないで辞めてもよいでしょう。
業種にもよりますが、アルバイトは現在人手不足といわれていますので
その気になれば簡単に次を見つけることは出来ます。
ブラックなアルバイトでない限りはすんなりと辞めることが出来るでしょう。
辞めさせてくれない時は労働基準監督署に報告すれば解決します。