2015年3月アーカイブ

アルバイトでもストライキはできる

アルバイトでもストライキはできます。
実際に「すき家」であまりの勤務状況のブラックさにアルバイト店員がストライキをしました。

ただ、仕事内容が気にいらないからって、突然仕事を休んで
労働環境を改善しろー!って言ったって、それは無断欠勤です。
まぁ、普通に首になるでしょうね。
アルバイトはいくらでも替えがきく存在ですから。
下手をすると懲罰扱いにもなってしまいます。

ストライキをするためには正当な手段をとらなくてはいけません。
まず団結すること。
大勢で一斉に声を上げるからこそ、ストライキは意味を持ちます。
一人二人が声を上げても何の効果もありません。

そして大事なのが、まずストライキをする前に、団体交渉をすることです。
いきなり仕事を休んで抗議っておかしな話ですよね。
まずは団体になること。
そして正式な方法で労働状況の改善などを求めること、
それでも受け入れられず、改善が見られない状況で初めて
ストライキを行って訴えるのです。

気に入らなければアルバイトは他にもあるので替えればいい。
勿論それは簡単です。
しかしどうしても許せない場合にはストライキという方法もあることを頭の片隅にでも
おいておくとよいですね。