ゴールデンウイークのアルバイトは短期がほとんど

本業をしていても本業がゴールデンウイークで長い休みに入るので、時間を有効利用する為に期間を利用してアルバイトをするという人も多いです。
また、人が多く動く期間ですのでGWの期間だけの短期バイトを募集しているところも多いです。

GWのアルバイト探しで人気があるのは単発で1日からOKアルバイトです。
特に日給が1万円以上の単発のアルバイトなら尚更、応募する人も多いです。

また明日からでもすぐに働けるような即日可能なアルバイトや、日払いでその日にお給料をもらえるのも人気があります。

GWは各地でイベントなども行われるので単発イベントのアルバイトなども多数募集があり、イベントのアルバイトは比較的先ほどの単発で、単位で日払いで、即日で1万円以上という条件をクリアしているケースがほとんどです。

GWのアルバイトは短期間に高収入が得られるような職種が人気ですが、オフィスワーク系の仕事は、ほとんど無いのも特徴で、イベントスタッフや販売などの仕事の募集の方が多いです。



家が貧乏だから中学生になったらバイトして生活費の足しにしたい。
そのように考える勤労学生も中に入るかもしれません。
しかし中学生は基本的にバイトの類はできません。

労働基準法によれば満15歳になってから最初の3月31日が終了するまでは
雇い入れては行けないと言う規定があります。
この満15歳を迎えて最初の3月31日というのは、中学校の卒業に当たるため
必然的に中学生はバイトなど働くことは禁止されています。
正社員、契約社員、アルバイトに限らず禁止となります。

ただし例外はあります。
みなさんもテレビで見かける「子役」は明らかに中学生以下ですが、お給料をもらっています。
また身近なところで新聞配達をしている中学生を見かけたことはあるでしょう。
これらは労働基準法56条で以下のような例外が認められているのです。
・自動の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なもの
・映画の製作または演劇の事業
これらに限っては、満13歳に満たない児童であっても雇用することができるとあります。

であれば働いても問題ないんじゃないの?と思うかもしれません。
しかしあくまでも学業優先ですから、学校の授業がある時間帯に働かせることはできませんし、
授業のない時間であっても「行政官庁の許可を受ける」という前提があるので、
何の届もしないで働かせることはできません。

どうしても働かなければ家計が成り立たない等の理由がある場合は、市役所、学校などの
相談窓口に相談しましょう。
その上で、許可を得ることができれば軽易な仕事であれば働くことが可能になります。
終業時刻などには制限がありますので、その点は別途確認しましょう。